ホーム > 審美歯科でどんなことができるか
交合学に基づいた健康的な美しい歯で美しい笑顔を
ここから本文です

審美歯科でどんなことができるか

きちんとした咬合学に基づいた、健康的な『美しい歯』であるために

審美歯科における必要な要素として5つ挙げられます。

1:歯の位置
2:歯肉のレベル
3:配列
4:カンテュア(歯と歯肉の適度な出具合)
5:歯の色

となります。
当院では、審美性の回復・改善、機能の回復・改善、構造の回復・改善、生物学的恒常性の回復と組織の保存について充分な検討をして、診療プランを立て治療しています。

審美歯科治療の治療例

歯の色や形が気になる・・

歯の色や形を治療
変色により他の歯との色が合わなくなった歯はホワイトニングでは白くはなりません。 付爪のようにセラミックでできた薄い板を付けることで調和のとれた歯になりなります。


かぶせた冠と歯肉の間が黒い・・

歯肉の黒さを治療
保険内治療のかぶせた歯は、金属が透化してきて歯肉の間が黒く見えます。 オールセラミッククラウンは金属を使わないので、透明感ある歯で自然な白さと輝きを得ることができます。


銀歯や銀の詰め物が気になる・・


銀歯の詰め物を白く
奥歯とはいえ、保険内治療の銀歯や銀の詰め物は意外と目立つものです。 オールセラミッククラウンは白い詰め物で全く目立ちません。 欠けた歯もオールセラミッククラウンで天然の歯と変わらない白さと輝きを得ることができます。


歯のすき間や歯並びが気になる方も


歯のすき間や歯並びを治療
オールセラミッククラウンやポーセレンラミネートベニアで解決できることもあります。 (ちなみに、オールセラミックス・PFMが破折しても「コジェット(3M社)」にて修復できます。

クロスマウント法とシークエンシャルセメンテーション

審美歯科治療において大切なことは咬合学です。

クロスマウント法とは、審美性と機能性(咬合)をかね備えたカリバ(プロビジョナルレストレーション)を最終補綴物に反映させる方法です。

プロビジョナルを印象(型取り)して咬合器に付けて(マウント)、与えた咬合(かみ合わせ)アンテリアガイダンスは犬歯誘導にして、ポステリアサポート(ミューテュアリプロテクテッドオクルージョン)を再現して、全てのガイドをインサイザルガイドテーブルにトランスファーすることによって、プロビジョナルで試行錯誤したすべての機能が最終補綴に移行されたことになります。これをクロスマウント法といいます。

また最終補綴物の装着は最初に下顎の印象、次に上顎の印象して、下顎の前歯、上顎の前歯、下顎の臼歯、上顎の臼歯の順に部位ごとにセメンテーションする方法で、対合歯列がプロビジョナルになるため、調整も簡単でセメンテーション時の誤差をコントロールすることができる。これをシークエンシャルセメンテーションといいます。

歯周形成外科

歯周の治療
輝く笑顔をはぐくむために、審美性を最優先するための処置です。
日本では、まだ聞きなれない分野ですが、欧米ではかなり普及している治療です。歯周形成外科では、笑うと歯茎が大きく見える、歯茎がやせて歯が長く見える、歯肉のラインが左右で不ぞろいに見える、歯茎の色が悪いなどの状態を改善することができます。

素敵なスマイルは、健康な歯と歯茎のバランスによって生まれるものです。魅力的な笑顔は、外見的な美しさだけでなく、精神的な豊かさや若さの象徴でもあります。その源は口元にあると言われています。フルダテ歯科では、その美しさの再現をいたします。

美しい笑顔 スマイルラインとゴールデンプロポーション

審美歯科のゴールデンプロポーションとは?


上顎前歯のプロポーション
上顎前歯の幅を観察した場合、1番、2番、3番の歯の比率は1.6:1.0:0.6に見えるのが一番美しいと言われています。

また、中切歯(一番前の2本の前歯)はシンメトリック(左右対称)にして高さと幅が1:0.8が好ましいといわれています。歯肉レベルは1番、2番、3番で、ハイ、ロウ、ハイになり、歯軸は1番から3番にかけて傾斜が強くなっていきます。

いわゆる「歯の形」は基本的に方形、卵形、三角形に分類できます。性差を例にすると女性のイメージは丸く、なだらかで繊細な歯の形を、男性的なものとしては角ばった力ずよい歯の形を連想します。したがって、歯の形に女性らしさを表現するには隅角とくに遠心隅角の丸みを強くして、男性らしく見せるためには隅角を角ばらせると良いのです。

さらに、顔貌の評価としては、ヘアライン(髪のはえぎわ)と眉間、眉間と鼻下点、鼻下点とオトガイが1:1:1になります。 下顔面では、鼻下点と下唇の最下点とオトガイ(下あご全面中央部)が1:1になります。これが、顔の垂直的なプロポーションのルールになります。

顔貌の評価

この他にも、正中線(ミッドライン)と切端平面(インサイザルエッジプレーン)を結んだ線は直角となり、瞳孔線と切縁平面は平行となります。左右の口角と正中線は直交しています。

このように治療を行う際は、顔貌と歯との関係、数値を有効に用いて、前歯部の審美性をバランスのとれた整合性のあるものとしなければなりません。

美しい笑顔を作るスマイルライン


ラミネートベニアできれいなスマイルラインに
きれいなスマイルラインで明るい笑顔
スマイルラインは上顎の前歯の切縁を結んだラインで、軽く笑ったときの口唇線(微笑、スマイリングライン)と平行になると、美しいといわれています。スマイルラインとスマイリングラインは違うものです。

ガルウイングシェイプ インバーテッドカーブ

スマイルはハイスマイル、アベレージスマイル、ロウスマイルの3つに分類されます。アベレージスマイルでガルウィングシェイプ(かもめ状)の綺麗なカーブを描くことが好ましいとされています。この逆湾曲のインバーテッドカーブでは、老化した顔になり、スマイル時の上下の整合性が失われ、下の前歯だけが目立った感じになります。
歯の先端は下口唇のドライウェットラインのやや内側に位置させると美しいといわれています。

当院では、このような歯や歯並びのゴールデンプロポーション、美しい笑顔を形成するスマイルラインにも気を配り、治療を行っております。